お仕事 雑学

病は気から★

投稿日:

みなさん、こんにちは。

「はり・きゅう・マッサージearth」の沖あす美です。

ご訪問ありがとうございます。

季節の変わり目で風邪も流行っているこの時期ですが、

なんだか熱っぽいなと感じた時は、検温しますか??

私はほとんど熱を計ることをしません。

それはなぜか・・・

検温して体温計の数値を見た瞬間に、

熱が高かった場合、計る前より体調が悪くなってした経験はありませんか?

昔の人はもちろん体温計などなかったので、

セルフコントロールで病もコントロールしていたんではないか?

今日はそんなお話をしたいと思います。

病はメンタルコントロールで軽減される

人間の脳というのは、自分は目で見た物、聞いた物、感じたものを覚えます。

その覚えた過去の情報をもとに体に指令を出して体を動かしたりします。

たとえば、熱い物を触ったときに無意識に手を離します。

これを触ると熱いかもしれない・・・

過去のデータをもとに、体が反応するようになっています。

 

さて、先ほど話した熱が出たときの話に戻しましょう。

 

検温して、数値をみる

↓体温が高かった

私風邪を引いたかも・・・

具合が悪いかも・・・

自分の思考が病気になってしまったと認めた瞬間

なんだか更に症状が悪化することもあります。

 

だからこそ体が不調なとき大事なのは

 

「気にしすぎない」

 

もちろん、程度によってウイルスによる風邪は薬での処置も

必要なことありますので、病院にいくことも大事です。

 

ただ、気にしすぎてしますと、

自分で自分の体の症状を悪化させてしまっているのです。

心と体は繋がっています。

だからこそ、不調が出たときはネガティブな思考になってしまうと

体もネガティブになってしまうので、

できるだけ気にしないようにして

自分のメンタルコントロールしましょうね★☆

今日もお読みいただきありがとうございました(_ _)

-お仕事, 雑学