お仕事

「風邪」を予防しよう

投稿日:

みなさん、こんにちわ。

「はり・きゅう・マッサージearth」の沖あす美です。

ご訪問いただきありがとうございます。

ここ数日、いきなり気温が下がり、

「風邪」をひくなど体調を崩される方も多いのではないのでしょうか?

今日は風邪についてお話したいと思います。

「風邪」の語源は東洋医学からきた!

ウイルスや細菌の感染など微生物の存在を知らなかった時代、

天気や季節が変化したとき、外的要因でどうして体調を崩すのか?

ということを昔の方は研究していたのでしょう。

東洋医学では、体調を崩す外的要因を【邪】と呼んでいます。

邪には6種類あり、「風・火・暑・湿・燥・寒」

この6つをあわせてりくいん(六淫)と呼びます。

風邪をひくの「風邪」=ふうじゃの影響によって体調を崩す

体調を崩す環境や、外的刺激の中でも、

自然界に吹く風が体の与える悪影響とされています。

体に風があたり続けると、徐々に体表の熱を奪い、皮膚や粘膜が乾燥します。

皮膚や粘膜が乾燥すると体の免疫がおち、体内にウイルスや細菌が侵入しやすくな

ります。

ですので、風が強く吹く季節の変わり目は風邪を引きやすくなります。

*西洋医学ではウイルスや細菌が原因と考えられています。

首まわりを守って予防しよう

東洋医学で考える風邪の原因はウイルスや細菌などではなく、

その人の体力や体質、そして、風や寒冷刺激、乾燥、湿気などの外的要因によるも

のだとされています。

特に肺や喉の粘膜にちかい、首やうなじ、背中を冷やさないようにすることが大切です。

ですので、この時期、ストールやマフラーなどして首まわりを冷やさないようにしましょう☆

そして、もちろん体力を落とさないように、休養や睡眠、しっかりと食事をとって

体の免疫を落とさないように気をつけましょうね☆

本日もお読みいただきありがとうございました(^^)

-お仕事