プロフィール

専門学校卒業してからの私

投稿日:2018年11月1日 更新日:

みなさん、こんにちわ。

「はり・きゅう・マッサージearth」の沖あす美です。

ご訪問いただきありがとうございます(_ _)

今日は私が専門学校を卒業してから、

独立するのに至るまでをお話したいと思います。

 

呉竹学園 東京医療専門学校を無事卒業した私は

学校の就職説明会に来ていた前会社の社長の話を聞いて

卒業後に社長に連絡しました。

連絡したら、まさかの出店予定の店舗の計画が遅れており、

すぐに雇うのは難しいので半年後にまた連絡を下さいと言われました。

 

さて、半年どうしよう。。。

当時、祖父母の介護問題で実家も千葉から埼玉に引っ越すタイミングで、

実家を出て一人暮らしするか、

実家から通えるところに就職するかという

選択もせまられていました。

 

結局、千葉の船橋ということで一人暮らしをしながら

フリーターを半年ほどしておりました。

 

半年経って社長に連絡したら、また半年延びたと言われて。。。

さすがに別のところ探そうかな?

と思っていたら、フランチャイズの別店舗で

新店がオープンするまでの間働いて実務経験を積んで

新店オープンに備えてほしいと言われてそこで働きはじめました。

 

ベッド3床の小さいリラクゼーションマッサージ店で

技術研修からスタートしました。

・マッサージ

・鍼

・ストレッチ

・足裏マッサージ

・アロママッサージ

・痩身マッサージ

様々なメニューの技術を先輩に教えてもらいました。

あまりお店が混んでいなかったので毎日練習の日々でした。

 

そして半年後、やっと渋谷に新店がオープン☆★

最初の数ヶ月はとりあえず人に入ってもらうために

価格を半額にして60分3000円でマッサージをしておりました。

朝から晩まで休憩なしで施術に入りっぱなし

でも、単価が低いので売上があがらない。。

 

当たり前のことですが、

「客単価を下げれば人数をこなしても売上はあがらない」

「売上があがらなければ給料もあがらない」

「労働条件が厳しいのでパフォーマンスが下がる」

 

この経験から、

いかに顧客満足度を上げてしっかり金額ももらえる施術にするか?

にこだわりをもつようになりました。

 

それからは渋谷のマッサージ店を片っ端から偵察しに行って

良いところを、どんどんパクって技術向上に奮闘しておりました。

ありがたいことに、私の以前働いていたお店には

施術マニュアルがなかったので、人によってマッサージの仕方も違っていて、

スタッフ間でも施術しあって人それぞれのやり方を学ぶことができて

良い環境だったと思います。

-プロフィール